狭ーい脱衣室を広く使えるように。

とっても狭い、我が家の脱衣室。
脱ぎ着するのがやっと、という広さで、洗濯室も兼ねています。

浴室に関係するものと、洗濯に関係するものと、
置くものは結構あるのに、収納も少ない…という困難エリア。

f0370522_15224305.jpg

仕方なく、キャスター付きのワゴンを置いて、
動かせるようにしてなんとかしのいでいました。

でも、このワゴンがなかったら、もう少し広く使えるなぁ~と
長いこと思案してました。

ワゴンに置いているのは、
バスタオル、シャンプーなどのストック、替え用のボディタオルなど。

で、まずは…。

f0370522_15230479.jpg

バスタオルを壁に掛けてみた。

他のものは、造り付けの棚に移動させるべく、じーっと棚を見て。

f0370522_15223230.jpg

これはビフォーですが、棚にはまだ少し余裕がありそう。

ただ、こういう棚の奥行をめいっぱい使おうとすると、
高さのある場所だし、取りにくくなっちゃう。

f0370522_15231863.jpg

目をつけたのは、このバケツ。

中に洗剤を入れています。
(パッケージを目隠ししたいから)

この入れ方は確かにムダが多いな…。

f0370522_15225264.jpg

で、ファイルボックスをカットして2列に並べて、
洗剤とストックシャンプーなどを収納しました。

これなら、ファイルボックスを引き出すことで、
“奥行問題”も解決です。

棚収納のコツは、全部手前から見えて、奥にものを置かないってことなので、
引き出し状の収納グッズをうまく使います。

もともとのファイルボックスは高さがあるけど、
カットすることで、ボトルの頭が出て、取りやすくもなりました。





にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

ランキング参加中~。
ポチッとしていただけると更新の励みになりますm(__)m
  ↓

にほんブログ村







[PR]
# by linenstyle-2 | 2017-05-24 15:36 | ■水まわり | Comments(0)

扉ナシ、が良かったところ。

いまの家を建てたのはもう10年も前。
自分なりにアレコレ考えて、工夫したつもりです。

それが“成功”したところもあるし、もうちょっとよく考えれば良かったなぁと
後悔するところも…。

うまく行ったな、と思うのは例えばこんなこと。

f0370522_14032460.jpg

クローゼットに扉を付けなかったことです。

前に住んでいたマンションでは、よくある折れ戸が付いていました。
それが使いにくく、その経験が家づくりに生きました。

扉をはじめから付けず、まずはコストカットを実現。

折れ戸にすると、両端がデッドスペースになりがちだし、
掃除もしにくい。
…そんな欠点を解消しました。

f0370522_14034340.jpg

納戸にも扉を付けませんでした。

建築家からは付けるよう勧められましたが、
本棚を置き、日用品のストックなども置くスペース、
たぶんしょっちゅう出入りするから、結局扉を付けても開けっ放しになるだろうと。

その予想は当たってて、扉がないことで移動がスムーズになり、
開放されているからいつも整頓しようという気になっています。

(もちろんコストカットも)

f0370522_14033159.jpg

家を建ててから何年も経ってから付けた靴棚。

こちらもオープンな状態です。

臭いがこもりにくいし、靴の出し入れも楽。

特に夫はきれいにしまうのが苦手。
扉付きの靴箱だと、たたきに靴を出しっぱなしにされそうです。

オープンなら、しまうのにハードルは低いから、
いつもきちんとしまってくれます。

扉があるのが当たり前…な場所でも、実はなくてOKかもしれません。





にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

ランキング参加中~。
ポチッとしていただけると更新の励みになりますm(__)m
  ↓

にほんブログ村







[PR]
# by linenstyle-2 | 2017-05-16 14:16 | ■その他 | Comments(0)

ラベルは手書き、のこだわり。

中の見えない収納用品にしまったら、
ラベルを貼っておく…それは収納の「鉄則」。

家族誰でもモノの所在がわかるようにしたいものです。

ラベルづくりには、ラベルライターなどを使うと見た目もきれいですよね。
そうしている方も多いと思います。

でも私は…。

f0370522_12491532.jpg

手書きです。

用紙は、ラベルシールを使うこともあるし、余ったカードも活用しちゃいます。
なんにしても、「手書き」が私のこだわり。

なぜかというと、面倒くさがりだからなのです。

ラベルライターできれいに作ったら、
中身が変わったりしたときに、またきれいに作り直さないといけない。

f0370522_12492220.jpg

収納の見直しはよくするし、中に入っているものが増減することもあるし。

その度にラベルを作り直すのは、私には面倒なことなんです。

面倒だからと放っておくと、ラベルの意味がもうないですよね。
いずれ「死蔵」の道をたどることにも…。

だったら、ラベルを貼るという行為のハードルを下げた方が
ずっといいかなーと思います。

ラベルなんて、究極には中身がわかりさえすればいいんですもんね。





にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

ランキング参加中~。
ポチッとしていただけると更新の励みになりますm(__)m
  ↓

にほんブログ村







[PR]
# by linenstyle-2 | 2017-05-08 13:01 | ■その他 | Comments(0)

モノを減らすのが目的じゃなく。

整理収納とかって聞くと、モノを捨てたりすることをイメージされる方、
多いみたいですよね。
私のレッスンでも「たくさん捨てなくちゃいけないんでしょう?」と
言われることがよくあります。

確かに、整理する過程の中で、
モノを減らすことが必要になる場合もあります。

そして、私は必要なモノだけを持つ、
モノをできるたげ減らすことを心掛けています。

でももちろん、「モノを減らす」のは目的じゃありません。

じゃあなぜ、減らしているのか?

f0370522_14320846.jpg

それは、「少ない方が楽だから」なのです。

モノが少なければすごい収納ワザを駆使しなくても、
モノを探しやすく、出し入れしやすいんですね。

そして、自分の手に負える数だけ持つことで、
管理がしやすく、死蔵品もなくなるわけです。

使っていないけど愛着のあるものまで、手放す必要もないと思います。
持っていることでどれだけ自分が幸せになるのか、
それを考えたうえで持つかどうかを決めればいいのです。

f0370522_14321522.jpg

ところで…↑の食器棚、一応必要十分な器が入っています。

でも、何か使うときの楽しさがないかも。
器って機能だけじゃなく、気分にも関係するモノだからなのかな。

きっと私にとってモノは、「用が足せればそれでいい」っていう
それだけの存在ではないんだろうなぁ。

だから手放す作業の他に、選ぶってことも楽しみたいです。






にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

ランキング参加中~。
ポチッとしていただけると更新の励みになりますm(__)m
  ↓

にほんブログ村







[PR]
# by linenstyle-2 | 2017-04-30 15:12 | ■キッチン | Comments(0)

ケーブル、付属品…形が違うものはジッパー袋に。

家電の付属部品やケーブル…形や大きさが色々なので、
収納に苦労するものです。

いまは使っていないけど、必要になるときもあるかも、
と、なかなか処分する決断がつかないものもあります。

f0370522_13470522.jpg

そういうアレコレは、ジッパー袋に入れています。

フレキシブルに入れられるし、中身が見えることもポイント。

f0370522_13471146.jpg

後でなんだかわからなくなりそうな付属品は、
マステを貼ってラベル代わりにしときます。

様子を見て何年も使わないなーと思ったら処分することも。

これをキレイに収納するのはかなり難しいので、
カゴにざっくり入れて。

f0370522_13472082.jpg

もう本体は手放したのに、付属品だけ残ってる
…ということがないように、時々見直しが必要です。

家電の他にも、例えば本棚などの棚受け金具なんかも、
袋にまとめてここへ。

ほとんど出し入れしないけど、
そういうものほど、中身をすぐ確認できるようにしておくことが
整理しやすさにつながると思います。




にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

ランキング参加中~。
ポチッとしていただけると更新の励みになりますm(__)m
  ↓

にほんブログ村







[PR]
# by linenstyle-2 | 2017-04-25 13:58 | ■納戸 | Comments(0)

納得の整理方法とすごワザなしの収納で、すっきり暮らす!


by linen
プロフィールを見る